☆はじめに☆

当ブログでは、沖縄のサーフィン情報・波情報・サーフポイント等
掲載して参りますが、近年サーファー人口、ビジターが訪れる頻度も増し、
それぞれのローカルとのトラブル、ゴミの投棄も目立ち始めました。

『ビジター諸君、どこのポイントにもローカルは存在します。
ローカルをリスペクトし、ゴミは持ち帰りましょう。
マナーを充分守って、存分にサーフィンを満喫して下さい。』


KEEP☆SURFING

当ブログはリンクフリーです

相互リンク


Yahoo!ブックマークに登録

出ましたぁ!

『ゴーヤーチャンプルー』


ハイ、んな、ちゃ〜びらさい。『そろそろウザくなってきましたね。』....(ーー;)


という事で、沖縄のポピュラーなソウルフードの登場です。
栄養タップリ、うちなぁ〜のサーファーには必須アイテムですね。
この時期は、ちょい高値のゴーヤー!食べたいんだからショウガナイ、食欲には勝てん。
と言う訳で、今日のランチはゴーヤーチャンプルーにしました。
『ぱっかぱぁ〜ん・・・・\(^o^)/』


それでは、ターツーの簡単、子供にも食べやすいゴーヤーチャンプルーレシピ大公開!
我が家は3人しか居ないので、取り合えず3〜4人前という事でっと。


ハジマリ、ハジマリー(^o^)丿


それでは、まずは下ごしらえ。
材料:ゴーヤー150グラム程度を2本、卵2個と塩豚150グラム。これだけ。


通常スパムを入れたり、ツナ缶や、もやし他の野菜やお豆腐を入れるが、
俺の場合はいたってシンプル、且つ太らないよう塩分と油分は控え、且つ健康的な仕上がりにしております。


1)まず、ゴーヤーは丁度縦半分から切り、中の種と白い綿のような物、
ご存知ですよね。アレをきれいにスプーンで取り除いて下さい。実は、その白い部分が苦いのです。
そこで!
『お詫び!一つ一つ写真で掲載したかったけど、なんせ腹が減ってしょうがないので、
その一手間にかける余力が、今回私にはありませんでしたので、完成品を見てね。...(-_-;)』
では本題にいきまぁ〜す。


2)今度は、ゴーヤーを3ミリ程度に輪切りするように切ります。
で予め、卵2個をといて置いてくださいね。
『ちょっとウンチク』
ここで塩豚について紹介して置きますね。
沖縄の家庭の冷蔵庫には、豚肉が必ずといっていいほど在庫してある。
テレビでもおなじみのように沖縄料理は何かといって豚肉を使う習慣があるからである。
少なくとも我が家は、おばぁ(おばぁちゃん)がアホかという位の量を在庫してる。
で、我が家は豚肉を塩茹でし、保存食にしてるのである。
昔から沖縄はスーチカーという名称で保存食として、塩豚をもちいていた。
また、この塩豚はあらゆる料理に使えるので、是非保存食にお試し下さい。
作り方はいたって簡単です。Bロースを塩茹でするだけ。
チャーハンや、中華丼などに具の一つとして加えるとメチャうまいっす。
塩豚『沖縄料理スーチカー』に関しては、作り方をいつか記事にしますね。
で、本題に移します。
3)
その塩豚150グラムを予め、幅1センチ長さ3センチ位の千切り上にして、材料の下ごしらえは終了。


『ハイ、クッキングスタート』


1)まずフライパンを煙が出る位温めます、温まったら油を大さじ1杯入れます。
ここ肝心。フライパンを回すように油をなじませて、余分な油は取り除きましょう。
でゴーヤーちゃんを、3分程度炒めて、塩豚を加え、水もしくはお湯をゴーヤーが少し浸る程度、
フライパンに注ぎ、それから3分(お好み硬さ加減を調節)程ボイルします。


2)ココから味付け
まず顆粒の鰹だしを小さじ1杯入れて、塩小さじ1、醤油大さじ半入れて
よ〜くゴーヤーに絡めます。
そこへ溶いた卵をバシャ〜んと入れて卵とじのようにし、半熟程度でフライパンの火を止めて完成!


出来上がりぃ、ゴーヤーチャンプルーの完成です!!!


goya.jpg


ほら、めちゃ簡単でしょ。


でお味の方は..........?『ふぉ〜最高!まぁ〜さん!』日本語訳:美味しい.....(●^o^●)


では★幾つでしょう?『頂きました★三つですぅ〜!\(^o^)/』


『参考までに』


あと沖縄そばの記事に書いた、万能調味料(照喜名のだし)あれだけで味付けしても美味いよ。
ほんと美味いからそれだけで、是非お試しを!だしが手元に無い方、ごめんなさい。
で本題に移します。
あの白い綿のような物を取り除くのと、ゴーヤーを少しボイルする事によって、
苦味が少なく子供でも食べやすくなるんですよね。
『あの綿みたいな奴、取らない人はいないと思うけどね。』
知らない人の為に一応書いて置きました。


『参考までに!』
後は、お好みでスパム、豚バラ、お豆腐(木綿)など加えると栄養価も高く更に美味しく仕上がります。
もやしや、他の野菜は加えない方が、俺は好きかな。
では今回はこんなとこで、じゃあね。


『一言インドネシア語講座』
じゃあ、又ね=Sampai ketemu lagi.『みんなどう読むんだろ?』


この記事へのコメント
うお〜うまそう!
こちらでは夏場しかゴーヤ売ってないので
是非来年の夏試してみます。
ボイルって発想なかったですね。
Posted by おか at 2007年12月13日 12:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。